「雫石町水道ビジョン」及び「雫石町水道事業経営戦略」を策定しました。

2021年3月11日

 昨今の水道事業をめぐる環境は、人口減少による給水収益の減少や水道施設の老朽化による更新需要費の増大の問題、近年頻発する大規模災害に対する危機管理対策の必要性など、さまざまな課題が山積しています。

 こうした社会情勢や水道を取り巻く環境の変化に対応し、持続可能な水道を将来にわたり維持するため、今後の取り組みの方向性を示し、その実現のための具体的な施策を明らかにする「雫石町水道ビジョン(改定版)」と、経営の健全化と経営基盤の強化のために必要な経営の基本計画である「雫石町水道事業経営戦略」を策定しました。

 

関係図 - コピー.jpg

 

基本理念

               基本理念.jpg

 

 本町の水道は約60年前に創設され、これまで多くの住民及び関係者の方々のご理解、ご協力のもとで水道事業を継続してきました。先人たちが築き上げてきた本町の水道を、子や孫、またその次の代以後も長く安定して維持していくことが我々の責務です。本町の水道がこれからも信頼され安心安全な水道を安定して供給するために、この基本理念により事業推進していきます。

 

本計画の実施期間

 2021年(令和3年度)から2030年(令和12年度)までの10年間

 

各計画の内容

  雫石町水道ビジョン【改定版】.pdf(6MB)

  雫石町水道事業経営戦略.pdf(1MB)

お問い合わせ

上下水道課
電話:019-692-6408