雫石町中小企業者等経営応援給付金について

2020年6月18日

 雫石町は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経営に支障が生じている中小企業者及び個人事業主の経営の継続と雇用の維持を図るために、給付金を支給します。幅広い事業が対象となりますので、まずは観光商工課までお問い合わせください。

コロナチラシ.jpg Coronatirasi-2-2.png
新型コロナウイルス感染症に係る中小企業支援応援給付金チラシ

 

1.対象者

・雫石町内に事業所を有し、各種小売業、飲食店、宿泊業、道路旅客運送業、生活関連等サービス業など(対象業種一覧)を

営む中小企業者、個人事業主。

 

・本店または主たる事務所が町内に所在すること。(ただし、他市町村から同様の趣旨の支援金等を受給したものを除く。)

 

・新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年4月から令和2年9月までの間にひと月の売上について前年同月比で

 30%以上の減少が生じている月があること。ただし、申請申請日時点で創業から1年を経過していない者にあっては、

 創業から申請日の直近月までのいずれかひと月の売上を前年同月の売上とみなすものとする。

 

・申請日において、破産手続開始、再生手続開始または更生手続開始の申立てがされていないこと。

 

・日本標準産業分類に掲げる産業のうち添付のファイル表に含まれる業種であること→経営応援対象業種一覧.pdf(243KB)

 

以上の条件を満たしているもの。

2.受付期間

令和2年6月12日~令和2年10月30日

3.申請・相談窓口

雫石町役場 観光商工課(平日 8:30~17:15)

TEL:019-692-6497

 

4.給付額

1事業者一律 30万円

 

5.申請に係る必要書類 

 様式(応援給付金).docx(20KB)     様式(応援給付金).pdf(173KB)   様式(応援給付金)記載例.pdf(184KB)

・申請様式内の必要事項の記載

 

・令和2年該当月の売上を証明する書類(売上台帳、帳簿、預金明細等該当する月の収入が分かる書類)

 

・令和元年同月の売上を証明する書類(法人事業概要説明書、青色申告書又は白色申告書の収支内訳書等該当する月の収入が分かる書類。)

 なお、創業から1年を経過していない者にあっては、創業から申請日の直近月までのいずれか1月の売上を前年同月とみなす。

 

・運転免許証、マイナンバーカード等の本人確認書類の写し(※個人事業主の方に限ります。)

 

・振込通帳の写し(口座名義、支店名、支店番号、口座番号がわかるもの)

お問い合わせ

観光商工課
商工労政グループ
電話:019-692-6497