「社会を明るくする運動」を推進、内閣総理大臣のメッセージ伝達

2021年8月5日

 8月4日(水)、盛岡保護観察所の五十嵐達所長らが「第71回社会を明るくする運動」の推進のため町役場を訪れました。
この「社会を明るくする運動」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と、犯罪をした人や非行のある少年の更生に理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。他者への思いやりを基本とし、立ち直ろうとする人を地域の輪に迎え入れ再出発を支え、誰もがやり直して輝ける、誰一人取り残さない社会を構築することが重要であり、地域の皆様お一人おひとりの一層の御理解御協力をいただきたいとの内閣総理大臣からのメッセージが五十嵐所長らを通じ猿子町長に伝達されました。
 毎年7月は、この運動の強化月間となっており、各地で啓発活動が行われています。

DSC_1013_1.jpg
DSC_1019_1.jpg