雫石町消防団が優良消防団「竿頭綬」を受賞しました

2021年5月12日

第73回日本消防協会定例表彰において優良消防団「竿頭綬(かんとうじゅ)」を受賞した雫石町消防団の上中屋敷俊彦団長らが、5月12日(水)町役場を訪れ猿子町長に受賞報告しました。

上中屋敷団長から報告を受けた猿子町長は「竿頭綬を受賞することは消防団の誇りです。コロナ禍において、なかなか士気を高め活動することができない中とは思いますが、雫石町消防団の皆さんの今後の活躍を期待しています」と激励しました。

 

この表彰は、厳正な規律保持と熟練した技能を有し、平素から消防の使命を達成することに努めて他の模範となる消防団に贈られるもので、雫石町消防団は平成22年3月以来、約10年ぶり4度目の受賞となります。

受賞報告

 

※「竿頭綬」とは、消防団活動の功労や功績に対しその栄誉をたたえるもので、団旗の先端に付ける「綬」のことです。

竿頭綬