傷病手当金について(新型コロナウイルス感染症によるもの)

2020年7月15日

 雫石町の国民健康保険に加入している人(給与の支払いを受けている人に限ります。)が、新型コロナウイルス感染症に感染した、又は発熱等の症状があり感染が疑われるために仕事を休んだときに、事業主から給与の支払いを受けられない場合に傷病手当金を支給します。

支給要件

 対象者

次の条件をすべて満たす方

・雫石町の国民健康保険に加入している

・会社等から給与の支払いを受けている。

・新型コロナウイルス感染症に感染した、又は発熱等の症状があり感染が疑われるために仕事に行けなかった日がある。

・この仕事に行けなかった日に対して会社から給与が支払われなかった、又は一部しか支払われなかった。

 

支給対象日

療養のために仕事を休んで4日目以後の日から、仕事をすることができなかった出勤予定の日

(新型コロナウイルス感染症に感染した、又は発熱等の症状があり感染が疑われるために労務に服することができない日が3日連続した後、

 4日目以降の労務に服することができなかった期間のうち、労務に服することを予定していた日)

 

支給対象期間

支給対象日の最初の日が令和2年1月1日から令和3年12月31日までの期間に属し、労務に服することができなかった期間。(最長1年6ヶ月)

 

支給額

(労務に服することができなかった日が属する月の直近の継続した3月間の給与収入額の合計÷就労日数)×2/3×支給対象となる日数

1 給与等の一部が事業主から支払われる場合には、支給額の全額または一部が支給されない場合があります。

注2 支給額には上限があります。 

支給例

 時給1,200円、1日の勤務時間が8時間(1日当たりの給与額9,600円)の人が連続して14日間休んだ場合

 9,600×2/3×(14日-3日)=70,400円

 

申請方法

必要書類

 次の4つの書類で1つの申請書になります。記入例を参考にして記入してください。

 4つの書類の中には、お勤め先の事業主、受診先の医療機関に作成してもらう書類が含まれます。

 1.傷病手当金支給申請書(その1)(世帯主記入用) 、記入例

 2.傷病手当金支給申請書(その2)(被保険者記入用)記入例

 3.傷病手当金支給申請書(その3)(事業主記入用) 、記入例

 4.傷病手当金支給申請書(その4)(医療機関記入用)記入例

 

申請方法と申請先

傷病手当金の支給申請をする方には手続きの詳細を説明いたしますので、事前に町民課にご連絡ください。

 

お願い

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる症状があるなど体調がよくないときには、御来庁をお控えいただき、郵送により申請を行っていただきますようご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

町民課
国保年金グループ
電話:019-692-6478