今年は例年以上に熱中症にご注意を!

2020年6月12日

新型コロナウイルス感染症対策として、マスクの着用や3密(密集、密接、密閉)の回避等の「新しい生活様式」の実践が求められています。

そのため、今年は外出自粛による暑さに負けない体づくりが不十分であること、マスク着用により体内に熱がこもりやすいことなどから、例年以上に熱中症に気を付けなければなりません。

正しい知識で予防しながら、夏場を元気に過ごしましょう。

 

1 暑さを避けましょう

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調節する

・感染症予防のため、冷房時でも換気扇や窓の開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調節する

・暑い日や時間帯は無理をしない
  暑さ指数(WBGT値)も参考に→環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)はこちらから

・通気性の良い、吸湿性、速乾性のある衣類を着用する

・保冷材、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす

 首、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的

・外に出る際は、日傘や帽子を活用

・急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で体を動かす際には特に注意を

 

2 適宜マスクをはずしましょう

・気温、湿度の高い中でのマスク着用は要注意

・屋外で、人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外す

・マスク着用時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクを外して休憩を

 

3 こまめに水分補給しましょう

・のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう

 食事以外に1日1.2リットルを目安に

・大量に汗をかいたときは塩分も補給

 

4 日ごろから健康管理をしましょう

・日ごろから体温測定、健康チェック

・体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養

 

5 暑さに負けない体づくりをしましょう

・主食、主菜、副菜をそろえて、バランスの良い食事を

・適度に運動、水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

 

 令和2年度熱中症予防行動.pdf(778KB)

熱中症の応急処置

めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気、体がだるいなどの症状が現れたら・・・

 

・涼しい場所に移動

・衣服を緩め、体(首、わきの下、足の付け根)を冷やす

・水分、塩分を補給(スポーツドリンク、経口補水液、食塩水など)

 

自力で水分がとれない、返事がおかしい、意識がない、けいれんしている等の場合は、すぐに救急車を要請

 

 

 ~3密を避けつつ、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者の方々への目配り、声かけをお願いします~

 

関連ワード

お問い合わせ

健康子育て課
電話:019-692-2227