国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 玉蜀黍小屋一・二・三・四

2020年4月28日

小岩井農場施設 玉蜀黍小屋一・二・三・四(こいわいのうじょうしせつ とうもろこしごやいち・に・さん・よん)

玉蜀黍小屋一.JPG

玉蜀黍小屋一

玉蜀黍小屋二.JPG

玉蜀黍小屋二

玉蜀黍小屋三.JPG

玉蜀黍小屋三

玉蜀黍小屋四.JPG

 玉蜀黍小屋四

                                                                                                                                                         写真提供:小岩井農牧(株)

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】 平成29(2017)年2月23日

【建築年】 玉蜀黍小屋一……昭和4(1929)年

        玉蜀黍小屋二……明治末頃建築、大正5(1916)年移築

         玉蜀黍小屋三・四…建築年不詳、大正5(1916)年移築

【構造形式】木造平屋建

【屋      根】切妻造、鉄板葺 

【外      壁】玉蜀黍小屋二…横格子

            その他…堅格子

【建築面積】玉蜀黍小屋一…99.2㎡

       玉蜀黍小屋二…73.6㎡

               玉蜀黍小屋三…80.3㎡

               玉蜀黍小屋四…78.6㎡

【概要】

 家畜の飼料となるトウモロコシの乾燥・貯蔵庫として建設され、現在は木材乾燥用等に使用されている。玉蜀黍小屋二・三・四は、四階建倉庫の建設予定地に建っていたため、大正5(1916)年に現在地へ移築されたと伝わる。建築当初の姿を色濃く残し、小岩井農場の歴史を示す建物のひとつとして重要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード