国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 耕耘部倉庫

2020年4月28日

小岩井農場施設 耕耘部倉庫(こいわいのうじょうしせつ こううんぶそうこ)

耕耘部倉庫.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】明治38(1905)年移築

【構造形式】木造平屋建

【屋根】切妻造、鉄板葺

【外壁】下見板張

【建築面積】317.3

   

写真提供:小岩井農牧(株)

                                                           
【概要】
 飼料倉庫、乾燥庫として使用され、四階建倉庫で精製したトウモロコシ粒などの圧片、製粉作業などを行っていたが、現在は倉庫として使用されている。大正10(1921)年に四階建倉庫の位置に合わせ移築し、二階を撤去、大型の機械類を設置し、建物内にトロッコ軌道を引きこんだ。小岩井農場に現存する歴史的建造物の中でも古い例のひとつとして重要であり、また、近代建築黎明期における工法の発達を示す例としても高い価値を有している。

関連ワード