国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 育牛部倉庫

2020年4月28日

小岩井農場施設 育牛部倉庫(こいわいのうじょうしせつ いくぎゅうぶそうこ)

育牛部倉庫.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】明治31(1898)年以前

【構造形式】木造平屋建

【屋根】切妻造、鉄板葺 

【外壁】落とし込み板

【建築面積】132.2

  

写真提供:小岩井農牧(株)

                                                           
【概要】
 明治32(1899)年、井上勝氏から岩崎久彌氏へ農場が引き継がれた際の台帳に記載があり、それ以前の建設と推測される。屋根は和小屋組で、外壁は柱に溝を掘り、そこに板を落とし込んで作る落とし込み板で、現在も倉庫として使用されている。小岩井農場に現存する歴史的建造物の中で最も古い例として、歴史上重要な建物である。

関連ワード