国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 秤量場

2020年4月28日

小岩井農場施設 秤量場(こいわいのうじょうしせつ ひょうりょうじょう)

秤量場.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】昭和11(1936)年移築

【構造形式】木造平屋建

【屋根】切妻造、鉄板葺 

【外壁】堅板張

【建築面積】35.5㎡

 

 写真提供:小岩井農牧(株)

                                                           
【概要】
 牛の健康状態をチェックするための体重測定や蹄が伸びすぎないように削蹄を行うための場所として建設された。外壁の形状が他の場内の建物と異なった特徴をもっていて、台帳では昭和11(1936)年建築とされているが、社内報に「移築」の記述があるため、別の場所で使用されていたものを移した可能性もある。昭和40年頃まで使用されていた。現在も当初の姿を色濃く残している点において、小岩井農場の歴史を示す建物のひとつとして重要である。

関連ワード