国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 第三号牛舎

2020年4月28日

小岩井農場施設 第三号牛舎(こいわいのうじょうしせつ だいさんごうぎゅうしゃ)

第三号牛舎.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】昭和10(1935)年

【構造形式】木造二階建

【屋根】切妻造、鉄板葺 

【外壁】下見板張

【建築面積】1,109.7 

    

 写真提供:小岩井農牧(株)

                                                          
【概要】
 出産直後の子牛は個室で飼育し、成長とともに大部屋での群管理となるため、それぞれ管理の仕方が異なる。当初は子牛から種牡牛まで飼育するため、多様な飼育室を設けていて、現在は子牛用の牛舎として使用されている。平成4年に搾乳牛用の新牛舎を建築するまで、農場内最大の牛舎であり、小岩井農場の歴史を示す建物のひとつとして重要である。また、現在も牛舎として使用されていて、リビング・ヘリテージ(※)としての価値も有している。

 

※リビング・ヘリテージ…日本語で「生きている遺産」と訳され、”有効に活用されている文化遺産”の総称。

関連ワード