国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 第一号牛舎

2020年4月28日

小岩井農場施設 第一号牛舎(こいわいのうじょうしせつ だいいちごうぎゅうしゃ)

第一号牛舎.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団 

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】昭和9(1934)年

【構造形式】木造二階建

【屋根】切妻造、鉄板葺 

【外壁】下見板張

【建築面積】652.2 

  

 

写真提供:小岩井農牧(株)

                                                            
【概要】
 産室を併設した授乳用の牛舎として建設され、現在は搾乳用として使用されている。1階は牛舎、2階は乾牧草貯蔵用の倉庫になっていて、窓や出入り口などの開口部を大きく、風通しがよく作られていて、生乳にアンモニア臭がうつることを防ぎ、暑さに弱い乳牛が過ごしやすいよう工夫されている。米国で主流だったスタンチョン式(首かせ式)を取り入れた、当時最先端の牛舎で、小岩井農場の歴史を示す建物のひとつとして重要である。

関連ワード