国指定重要文化財(建造物) 小岩井農場施設 本部第一号倉庫

2020年4月28日

小岩井農場施設 本部第一号倉庫(こいわいのうじょうしせつ ほんぶだいいちごうそうこ)

本部第一号倉庫.JPG

【所在地】雫石町丸谷地

【所有者・管理者名】(公財)小岩井農場財団

【指定年月日】平成29(2017)年2月23日

【建築年】明治41(1908)年

【構造形式】木造平屋建

【屋根】切妻造、鉄板葺 

【外壁】下見板張

【建築面積】118.2㎡

 

写真提供:小岩井農牧(株) 

                                                             
【概要】
 小岩井農場に現存する歴史的建造物の中でも古い建築物のひとつで、歴史上重要な建物である。小岩井農場本部の倉庫として建設され、現在も倉庫として用いられており、リビング・ヘリテージ(※1)としての価値も有している。また、トラス架構(※2)導入時にあって、様々な試行錯誤が見られ、日本の建築の発達を示す例としても高い価値を有している。

 

※1リビング・ヘリテージ…日本語で「生きている遺産」と訳され、”有効に活用されている文化遺産”の総称。

※2トラス架構…直線的な部材で構成される三角形を単位とした構造骨組の一種。

関連ワード