盛岡セイコー工業株式会社が「第39回 緑の都市賞」を受賞しました

2019年12月26日

12月26日(木)、盛岡セイコー工業株式会社(以下「盛岡セイコー」)の林 義明 代表取締役社長らが町役場を訪れ、「第39回 緑の都市賞(都市緑化機構会長賞 緑の事業活動部門)」(主催:公益財団法人都市緑化機構)を受賞したことを猿子町長らに報告しました。

 

盛岡セイコーは事業と環境との共存を常に意識して工場緑地の質を高める改善や適正な維持管理を行っており、その結果、里山のような緑地への変化と確実な生物多様性の向上がみられ、その魅力を増した緑地での社内や地域とのコミュニケーション向上に繋げていることが評価され、今回の受賞となりました。

受賞にあたり、盛岡セイコー環境管理課の村里 法志さんは「この賞は自治体やゼネコンの受賞が多く、その中で当社が受賞できたことは大きいです。私たちが取り組んで来た活動を評価していただけたことが非常にありがたいです」と感想を語りました。

 

同賞は、緑豊かな都市づくり・まちづくりを目指して環境の改善や景観の向上などの成果を上げている企業や市民団体などを顕彰することによって、都市緑化普及啓発の推進、地球に優しい生活環境の保全・創出を図り、もって緑豊かな安全・快適な都市の実現に寄与することを目的にしています。

 

緑の都市賞受賞