「ふるさとCM大賞 in IWATE 2019」の審査会が開かれました

2019年12月3日

 11月24日(日)、いわて県民交流センターアイーナにて「ふるさとCM大賞 in IWATE 2019」の審査会が行われました。

 司会にはマギー審司さん、審査員には雫石町在住のそのだつくしさんらを迎え、岩手県内から31市町村が参加、それぞれの郷土愛がこもった作品を発表しました。

 雫石町のCM製作チームは毎年、新人町職員のまちづくり実践活動の一環と位置づけ、若手職員が創意工夫を凝らし製作しています。

 今回は、「よしゃれ」をテーマとして取り上げ、CMを通じて一人ひとりが伝統を受け継ぐ架け橋になってほしいという思いを込めて製作しました。

 残念ながら入賞は逃しましたが、副賞として、岩手朝日テレビにて、年間30回の放送が予定されています。

 また、審査会の模様は12月21日(土)15時〜岩手朝日テレビで放送されます。詳しくは岩手朝日テレビホームページよりご確認ください。

 ※ふるさとCM大賞(岩手朝日テレビ主催)は、県内の市町村が郷土愛あふれるCMを制作し、審査会を経て特別番組や実際のCMとして紹介されるもので、平成14年から開催されています。  


 雫石町公式YouTubeチャンネルはコチラ

DSC_3190.jpg DSC_3194.jpg

DSC_3211.jpg

関連ワード