増田進氏が令和元年度「県勢功労者」を受賞されました

2019年5月31日

 5月31日(金)、増田進さん(西和賀町・85歳)が町役場を訪れ、令和元年度「県勢功労者」を受賞したことを、副町長らに報告しました。

 増田さんは、雫石町健康センター所長。東北大学医学部卒業後、岩手医大付属病院に勤務。1963年に国保沢内病院へ。副院長を経て1975年に院長就任。

 山間部の保健医療の基盤整備に尽力し、全県的な脳卒中予防運動にも取り組むなど、県民の保健衛生向上に寄与されました。
 現在はホテル森の風鶯宿の一室に「緑陰診療所」を開きながら、週2回、雫石診療所の医師として町民の健康を見守っていただいています。

 この度の表彰は、県民の模範として岩手の発展に尽くした人に対し、県知事から贈られるものです。

0001.jpg

関連ワード