高橋ウメノさんの百賀の祝いが開かれました

2019年5月28日

 高橋ウメノさん(大正8年4月25日生まれ)が、めでたく100歳の誕生日を迎えられ、5月28日(火)、日赤鶯鳴荘で百賀の祝いが開かれました。

 猿子町長が「100歳を迎えられる方はなかなかいません。雫石町を支えてくださったご労苦に感謝します。これからもますますご壮健でお過ごしください」と声をかけ、祝い金と花束を贈りました。

 お祝いに同席した娘さんによると、ウメノさんは60代まで農業に携わり、7年前までは自宅で暮らしていたそうです。好きな食べ物は魚、酢の物、甘いお菓子。明るく元気でおしゃべりな方だそうです。

 ウメノさんのお母さんも100歳を迎えられたご長寿だったとのことで、娘さんもウメノさんについて「今まで入院もあまりしたことがない。自分もそうなりたい」と嬉しそうに語っていました。

 雫石町内で100歳を超える人は、ウメノさんを含め10人いらっしゃいます。

高橋ウメノさん百賀-1.jpg 高橋ウメノさん百賀-2.jpg

関連ワード