ハインリッヒ・ポポフ選手講演会が開催されました

公開日 2018年10月25日

更新日 2018年11月02日

 10月24日(水)に雫石町野菊ホールを会場として、パラリンピック競技のロンドン大会、リオデジャネイロ大会で金メダルを獲得したハインリッヒ・ポポフ選手の講演会が

(通訳:町国際交流協会会員 鷲津さん)開催され、町内の小学5年生と6年生及び中学生、山田町の高校生が参加しました。この講演会は、東京オリンピック・パラリンピック

技会における町民の大会機運醸成並びに障がい者(スポーツ)への理解力向上を図るために実施されたものです。

 ハインリッヒ・ポポフ選手からは、「立ち止まらない勇気の大切さ」をテーマにお話がありました。人生を前向きに生きるために「もし手や足を失ったとして情熱を忘れず、

前向きに生きること」、「現在の自分の状況を正面から受け止め、自分に正直な判断・行動をすることが人生の成功に繋がること」、「それぞれの個性を大切にしながら、

人生に目標を決めそれに向かっていくこと」を大切にしてほしいというお話がありました。

 講演後には、義足の交換体験や質問コーナー、ハインリッヒ・ポポフ選手とのハイタッチが行われました。質問コーナーでは、子供たちからの「日本食では何が好物ですか?」

といった質問に気さくに答えるハインリッヒ・ポポフ選手と子供たちは交流を深めていました。

popofu1.jpg popofu2.JPG

popofu3.JPG popofu4.JPG

popofu6.JPG popofu5.jpg

 

お問い合わせ

生涯学習スポーツ課
TEL:019-692-4181
Topへ