令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(支援給付金)について

公開日 2022年03月01日

更新日 2022年03月17日

令和3年9月以降に離婚等の事情変更があった方へ

 既に実施している子育て世帯への臨時特別給付金について、基準日以降の離婚などにより、現に児童を養育しているにもかかわらず、給付金を受け取ることができていない場合があります。今回、国において事業の見直しが行われ、支給対象者に該当する場合は給付金を受給することができますので、期限までに必ず申請してください。

 

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(支援給付金)のご案内[PDF:502KB]

 

支給対象者

離婚などによって、児童を養育しているが給付金を受け取っていない方で、以下のいずれかに該当する方

1 令和3年9月分の児童手当(本則給付)の受給者ではなかったが、令和4年3月分の児童手当(本則給付)の受給者になった方

2 令和3年9月30日において高校生世代の児童を養育していなかったが、令和4年2月28日時点で養育している方

 ※高校生世代とは、平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの方で、配偶者を有していない方です。高校に在学していない社会人などの方も、父または母から監護されていれば対象となります。 

3 その他これらに準ずる方

  配偶者からの暴力(DV)を理由に避難されている方など、現養育者であるが本給付金を受給していない方は受給できる場合があります。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。

 

支給額

対象児童1人につき10万円

※前養育者からすでに給付金を受け取っている場合や、児童のために給付金を費消されている場合はその額を差し引いた額

 

申請方法等

原則、申請が必要です。

 

申請書類

申請が必要な方すべて

 (1)令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(支援給付金)申請書

 (2)申請者名義の振込先金融機関口座確認書類(通帳やキャッシュカードなど)の写し

 

子育て世帯への臨時特別給付金(支援給付金用)申請書[XLSX:49.1KB]

 

該当する方のみ必要な添付書類

 1 離婚により、前養育者と住民票が別世帯の方

   令和4年2月28日までに離婚したことがわかる書類(離婚届受理証明書、離婚届記載事項証明書、戸籍謄本、戸籍抄本等)

 2 離婚協議中のため別居し、前養育者と住民票が別世帯の方

   離婚協議中であることが確認できる書類(離婚協議申し入れにかかる内容証明郵便の謄本、公的機関から発行された書類、弁護士等の第三者により作成された書類など)の写し

 3 配偶者からの暴力(DV)を理由に、子どもと避難している方

   DVにより避難していることを確認できる書類(保護命令、配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書など)の写し

 

 ※その他、個別の事情により追加で書類の提出を求めることがあります。

 

申請期限

令和4年3月31日(木)まで

 

 

 

振り込め詐欺”や”個人情報の搾取”にご注意ください

ご自宅等へ役場から問い合わせを行うことはありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合には役場または最寄りの警察署にご連絡ください。

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
Topへ