新型コロナウイルスのワクチン接種について(3月3日更新)

2021年3月3日

新型コロナウイルスワクチンの接種は、国の指示のもと、県の協力により、町において実施することとなっています。

町では、国のスケジュールに従って、速やかに接種が可能となるよう、接種体制の準備を進めています。

 

  

新型コロナウイルス感染症にかかるワクチンに便乗した詐欺にご注意ください。

新型コロナウイルス感染症にかかるワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙し取ろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。

市区町村などが、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありません。

便乗悪質商法の注意喚起!(消費者庁)

 


新型コロナワクチンの副反応疑い報告について NEW

 国によって、今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告についての情報です。

 報告された事例について(厚生労働省)

  

ワクチン接種の対象や優先順位について

 国が示す優先順位に応じて、順次接種を進めていく予定です。国が定める新型コロナワクチンの接種対象は16歳以上の方です。

 現時点では、次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。

  

〈優先順位〉

 1.医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

 2.高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方

 3.基礎疾患を有する方(慢性の呼吸器の病気・慢性の心臓病(高血圧を含む。)などで現在治療中の方)や高齢者施設等の従事者

 4.上記以外の方

 

 1~3のそれぞれの範囲については、接種順位の考え方(厚生労働省)をご確認ください。

 

 

※ワクチンの接種は強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。

※職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

  ⇒人権相談に関する窓口(法務省) NEW

 

接種開始時期及び接種場所について

 具体的な接種開始時期や接種場所等については、決まり次第お知らせいたします。

  高齢者への接種の開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。

 

 なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後案内します。

   ・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方

   ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方

   ・お住まいが住所地と異なる方

 

  また、医療従事者等の方等の接種場所については、勤務先からお知らせする予定です。

 

ワクチンの接種費用について

 接種費用は無料(全額公費)です。

 

接種回数について

 1人2回の接種が必要です。ワクチンの製造メーカーにより、3週間から4週間の間隔で接種します。

 ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

 

接種券(クーポン券)の発送について

 現在、国が示している優先順位に応じて、対象者の方に順次、ワクチン接種の「接種券(クーポン券)」を個別に発送する予定です。

  ・高齢者向けの接種券については、3月中旬の発送を目途に準備を進めています。

  ・高齢者以外の方向けについては、4月以降の発送を想定しています。

 

相談窓口

 令和3年2月15日9時より、新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が設置されました。

 

<厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター> 

 電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル) 

 受付時間:9時~21時

 

 聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

 

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

  一般的にワクチン接種では、極めて稀ではあるものの、副反応による健康被害をなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

  救済制度では、予防接種による健康被害で、医療機関での治療が必要になったり障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。  

  新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。 

   ※現在の救済制度の内容については、健康被害救済制度とは(厚生労働省)をご参照ください。

   ※新型コロナワクチンの安全性と副反応については、Q&A(厚生労働省)をご参照ください。

 

 

 

これらの情報は、現時点での情報であり、今後変わる可能性があります。

 

そのほか、ワクチンの情報は厚生労働省ホームページ首相官邸ホームページをご確認ください。

お問い合わせ

健康子育て課
電話:019-692-2227