高齢者の暮らしに役立つ情報を募集しています!

2020年3月6日

高齢者の暮らしに役立つ様々な情報を募集しています。

 当町では、年齢を重ねても住み慣れた「雫石」で安心して暮らしていくため、地域での助け合い・支え合いを推進し、地域の皆さんや関係機関と連携を図っています。そのための一環として、高齢者の暮らしに役立つ情報を集めた「便利手帳」の作成を進めています。この「便利手帳」に掲載する高齢者にやさしいお店やサービスなどの情報を募集していますので、情報をお寄せください。

 

 ○提供いただきたい情報は以下のとおりです。

  ・お弁当を宅配できるお店

  ・食材・日用品の宅配ができるお店

  ・衣類の移動販売ができるお店

  ・買い物や掃除をしてくれるお店や団体

  ・除雪をしてくれるお店や団体

  ・ハチの巣、害獣駆除してくれるお店や団体 など

 

 情報を提供してくださる方は、令和2年4月10日(金)までに町地域包括支援センター(691-1105)へご連絡ください。いただいた情報をもとに、生活支援コーディネーターがお伺いし取材させていただきます。

 

 生活支援コーディネーターとは?

 生活支援コーディネーターとは、地域支え合い推進員とも呼ばれ、「地域で暮らす人」と「支援する人やサービス」をつなぐ活動をしています。町地域包括支援センターと町社会福祉協議会に配置されており、高齢者の方が住み慣れた地域でいつまでも安心して生活していけるよう、生活支援・介護予防の体制づくりを進めています。

 地域の皆さんの活動・集まりの場にお邪魔し、一緒にお話ししたり活動に参加したりしています。皆さんから活動の内容や困り事などを伺い、お役に立てる方法を一緒に考えたりもします。

 

 「自分の地域でも、居場所づくり・通いの場(体操など)・日常のちょっとしたお手伝いとかやってみたいなぁ・・・。でも何からはじめたらいいの?」

 「昔はみんなで集まってお茶っこしてたけど、最近はなくなったなぁ。またやりたいなぁ。」

 

 そんな時は、ぜひご相談ください!生活支援コーディネーターがご説明に出向きお話を伺ったり、立ち上げのお手伝いをしたりします。

 また、皆さんだけが知っている、地域での活動の場・集まりの場などの情報も探しています。 

 

 「地域でこんな活動しているよ!」 

 「ここで集まりやっているのを知っているよ!」

 「あの場所でいつもお茶っこしているっけなぁ~。」

 

 些細なことでも構いません。ぜひお気軽に生活支援コーディネーターまたは地域包括支援センターに情報をお寄せください。

お問い合わせ

総合福祉課
地域包括支援センター
電話:019-691-1105