雫石中学校で租税教室を開催しました

2019年7月26日

 

 7月23日、7月24日の2日間にわたり、雫石中学校で租税教室が行われました。

 この教室は、夏休みの課題として国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が全国の中学生を対象に、「税についての作文」を毎年募集しているもので、雫石中学校の生徒も毎年取り組んでおり、作文の執筆を前に、税金についての知識を深める目的で開催されました。

 

 3年生を対象に授業を行い、税金の種類やその使い道などについて学び、「公平な課税とは」をテーマにグループワークを行いました。難しいテーマでしたが、生徒たちは真剣に取り組み、それぞれの考えを出し合い発表し、税金について考えるきっかけになったようでした。

 今年は中学校へ「税」に関する図書を寄贈したので、今後も税について関心を持って学んでもらいたいです。

 

  租税教室写真 租税教室写真

 

  租税教室写真 租税教室写真

 

  租税教室写真 寄贈図書