2018年2月25日(日)「雪の七ツ森を歩く」を開催!

2018年2月5日

国指定名勝「イーハトーブの風景地」 雪の七ツ森を歩く

水田地帯の中に小山がポコポコと連なる、町のシンボル的存在、七ツ森(ななつもり)。
童話「山男の四月」や「おきなぐさ」など宮沢賢治の作品にも数多く登場し、多くの人に愛されてきました。
七ツ森にまつわる昔話を聞き、経験豊かなガイドさんとともにスノーシューで歩きます。
下山した後は、ひっつみ鍋を囲み、七ツ森で見つけた素材「七つの思い出」を作ります。

 

【開催日時】平成30年2月25日(日) 9時00分~16時00分

【集合場所】
  ・盛岡から参加の方は「盛岡駅西口バスターミナル26番のりば付近」※8時15分出発、16時30分解散
  ・雫石から参加の方は「雫石町中央公民館(雫石町上曾根田114番地)」※8時55分集合

【対象】雫石町民、または雫石町への移住や自然に興味のある方。

【定員】20名

【参加費】中学生以上1,000円、小学生500円

【参加申込】019-692-5869 リアス観光株式会社 雫石営業所

【問い合わせ】019-681-2250 コミュニティライフしずくいし

 

20180225_「雪の七ツ森を歩く」チラシ.pdf(388KB)

20180225_「雪の七ツ森を歩く」チラシ_600px.jpg

 

 

 

 

 

トップページ