岩手県農業農村指導士、青年農業士の認定を報告

2019年2月14日

2月7日(木)、地域農業発展と農村地域活性化に意欲的に取り組んでいる農業者として、「岩手県農業農村指導士」に小谷地明弘さん(谷地行政区)、

「岩手県青年農業士」に猿子祐太さん(長根行政区)が岩手県知事から認定されました。
2月14日(木)、2人は町役場を訪れ、猿子恵久町長に認定の報告をしました。
猿子町長は「農家が高齢化する中、担い手となり先導を切って頑張ってほしい」と激励しました。
今回の認定により、雫石町では岩手県農業農村指導士が10人、岩手県青年農業士が4人になりました。

 岩手県農業農村指導士と岩手県青年農業士