雫石町山岳遭難救助隊員辞令交付式が行われました。

2018年12月26日

 12月26日(水)、町役場で雫石町山岳遭難救助隊員辞令交付式が行われ、25人の隊員を代表して米澤邦彦隊長に猿子町長から辞令書が交付されました。

 猿子町長は、「有事の際には、救助隊の皆様にご活躍いただいています。体には十分留意しながら、本町のためにご協力を願います」と激励。

 米澤隊長は、「近年の登山ブームにより、登山者が増えている。遭難者を出さないよう、啓発活動に力を入れていきたい。万が一遭難者が出た場合には十分な救助活動ができるよう、訓練を怠ることなく励んでいきたい」と決意しました。

隊員の任期は平成30年12月1日〜平成32年11月30日までです。

sangaku.jpg