(株)みのり片子沢が「全国担い手育成総合支援協議会長賞」受賞を報告

2018年11月30日

 11月30日(金)、(株)みのり片子沢の根澤將次 代表取締役と三宅博都 専務が町役場を訪れ、11月8日に山形県で開催された「第21回全国農業担い手サミットinやまがた」において、「全国担い手育成総合支援協議会長賞」を受賞したことを、猿子町長らに報告しました。

 根澤取締役は「皆さまのおかげで立派な賞をいただいた。これからもICTを活用しながらいい野菜・米を作っていきたい」と受賞の喜びを述べました。

 

<受賞概要>

 農業改善や地域農業の振興・活性化などに優れた農業者を表彰する「平成30年度全国優良経営体表彰」における受賞。

 受賞項目としては、ICT技術(ドローン、食味センサー付コンバインなど)をいち早く導入し、効率的な経営を継続した取り組みが評価され、経営生産者技術革新部門で全国担い手育成総合支援協議会長賞を受賞。

 

01.jpg

関連ワード