市民後見人養成講座を開催します

2018年8月23日

平成30年度 盛岡地域市民後見人養成講座

認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力が不十分な方を支援する成年後見制度に関して、今後、成年後見人等の担い手として専門職以外に市民の立場で後見活動を行う「市民後見人」の役割が期待されています。そこで、社会貢献に意欲のある市民が「市民後見人」として活躍できるよう、成年後見に関する知識・技術・社会規範・倫理性を習得する講座を開催します。


市民後見人とは・・・

 市民後見人とは、市区町村等が実施する養成研修を受講するなどして成年後見人等として必要な知識を得た一般市民(専門職・親族を除く)の中から、家庭裁判所が成年後見人等として選任した人です。
 市民後見人には、後見人となる親族がいないような場合でも、身近な存在として、本人の意思をより丁寧に把握しながら後見事務を進められる強みがあります。 
 一人暮らしの高齢者の増加などに伴い、弁護士や司法書士などの専門職以外の人が担う市民後見人の役割に期待が高まっています。社会貢献活動に意欲のある人は、市民後見人に必要な知識や技術などを学んでみませんか?

 

日時

平成301011日~平成301213

毎週木曜日 1000分~概ね1630分 全9回

※詳細は下記日程表を参照

 

会場

プラザおでって大会議室 ほか

 

参加料

無 料

 

定員

60人程度(定員を超えた場合は抽選)

 

対象者

●盛岡広域8市町(盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町)在住または在学・在勤の方

●平成30年4月1日現在における年齢が満20歳以上の方

●原則としてすべての科目を受講できる見込みのある方

(原則として全50単位中44単位以上の取得で修了者と認定する[1単位:1時間])

●成年後見制度及び高齢者や障がい者への福祉活動に理解と熱意がある方

上記に関わらず、次の要件のいずれかに該当する方は、受講できない。

 ・民法第20条に規定する制限行為能力者(未成年者、成年被後見人等)

 ・民法第847条に規定する後見人の欠格事由に該当する者(破産者等)

 ・専門職(弁護士、司法書士等)の団体に加入し、その団体での後見活動が可能な者

 

開催要項・日程表

 H30養成開催要項s.jpgH30養成日程表s.jpg

平成30年度盛岡地域市民後見人養成講座開催要項・日程等(PDF形式)(305KB)

 

申込方法

別添の申込書(宣誓書を含む)に必要事項を記入の上、盛岡市長寿社会課あてファクス、郵送又は持参により申込み。持参による申込受付は土曜・日曜日、祝日を除く9時00分から1715分まで。

 

申込書はこちらから  H30年度盛岡地域市民後見人養成講座受講申込書(pdf形式)(143KB)

             H30年度盛岡地域市民後見人養成講座受講申込書(word形式)(47KB)

 

申込期限

平成30年9月25日(火)(必着)

 

申込先

盛岡市 保健福祉部 長寿社会課 地域ケア係

020-8530 盛岡市内丸12番2号 盛岡市役所本館5階

電話番号:019-613-8144   FAX番号:019-653-2839

 

 

お問い合わせ

総合福祉課
雫石町地域包括支援センター
電話:019-691-1105
ファクシミリ:019-691-1106