雫石小学校1年生と雫石商工会女性部が七夕の飾りつけをしました

2018年7月2日

 

7月2日(月)、雫石小学校(新屋敏明校長)の1年生44名は、雫石商工会女性部(谷地たえ部長)の部員とともに、恒例となった「七夕」の短冊を飾り付けました。

児童らは「ピアニストになりたい」「バレーボールが上手になりたい」「健康でやさしい人になりますように」など、一人ひとりの願いが込められた短冊を、女性部員の指導のもと用意された笹に飾り付けました。

飾り付け終了後は、みんなの願いがかなうようにと、全員で「七夕の唄」を合唱しました。

7月3日(火)〜8日(日)まで、町内の小学校5校から734人の児童が記入した短冊を集め、「よしゃれ通り商店街」に飾られています。

DSC_7300.JPG DSC_7318.JPG

DSC_73122.JPG