平成30年度雫石町消防演習が行われました。

2018年7月2日

 平成30年度雫石町消防演習が7月1日、町役場駐車場を主会場に開かれました。演習には、町消防団(上中屋敷俊彦団長)、町婦人消防協力隊(櫻小路孝子隊長)、少年消防クラブなどの団員・隊員ら約400人と消防ポンプ車18台が集結。また、本町と「ドローンを活用した災害時等業務協力協定」を締結した(一社)岩手県ドローン協会によるドローンのデモフライトも行われ、安全安心なまちづくりへの誓いを新たにしました。
 演習は早朝から行われ、消防団員が部隊訓練やポンプ操法訓練、まとい振り訓練、放水訓練などを規律厳正、士気旺盛に展開。ラッパ吹奏訓練は、葛根田少年消防クラブと合同でリズムよく一体感のある訓練を披露。また、婦人消防協力隊が救命処置訓練、自主防災組織が初期消火訓練をを実施し、保育所児童が遊戯と火の用心の誓いをかわいらしく発表。消防車両と全参加者による分列行進では、威風堂々の勇姿を参観者に披露しました。
 最後に、盛岡地区広域消防組合髙橋邦夫消防長からは、本演習を「極めて優秀」と最高評価を得ました。

DSC_3335.JPG DSC_3381.JPG

DSC_3387.JPG DSC_3361.JPG

DSC_3352.JPG DSC_3321.JPG

DSC_3458.jpg DSC_3492.JPG

DSC_3519.JPG DSC_3614.JPG