雫石小学校の児童が「銀河のしずく」の田植えをしました。

2018年6月4日

5月30日(水)、町内の田植えもほぼひと段落したこの日、雫石小学校の5年生60人が、銀河のしずくの田植えをしました。
児童らは、銀河のしずく栽培認証農家の晴山保正さん所有の圃場の一部約500平方メートルほどに、裸足になり水田の感触を楽しみながら手作業で苗を植えました。
田植え終了後、晴山さんが「皆どんどん上手になって、たくさん植えてもらった。今年は去年よりも美味しくなると思う。時々見に来て、美味しくなれと声をかけてほしい。」と労いました。
児童からは、「最初は泥の感触が気持ち悪かったけど、慣れてきたら楽しい気持ちが勝った。美味しいお米に育ってほしい。」などの感想が聞かれました。

 

DSC_2274.JPG

DSC_2276.JPG

DSC_2286.JPG DSC_2288.JPG

 

DSC_2302.JPG DSC_2339.JPG


もっとたくさんの写真を見たい方は、「雫石地産食楽部」もチェック!

 

雫石の食と農の情報を発信中です!