復活第39回雫石町裸参りが行われました

2018年1月24日

 平成30年1月21日(日)、雫石町の冬の風物詩、復活第39回雫石町裸参りが行われました。

 今回の裸参りには、41人が参加し、古式にのっとった装束「腰みの」「お守り」「横綱」に身を包んだ若者が雫石町上町の三社座神社から下町の永昌寺まで約1.2キロメートルの道のりを約2時間かけてゆっくりと祈願をしながら歩きました。

 この日は、最高気温が0度を下回る真冬日で冷たい風が吹き付ける中、祈願者は寒さに耐え、「雫石町発展」「無病息災」「家内安全」「五穀豊穣」ののぼりなどを手にして、一歩一歩進んでいました。


【裸参りの由来】

 昔、雫石の広養寺と臨済寺の間に高島屋という大きな酒屋があり、また、大正時代に入っては大久保、和川と二軒の酒屋があった。

 酒屋の蔵廻りの若者たちが健康を祈願しての行事で、毎年厳寒の12月14日に実施され、お酒を呑んでから、足をそろえてゆっくり歩き、永昌寺の「あみだ様」にお参りした。

 昭和7年に両酒屋が営業を止めてから中断し、昭和12~13年ごろに青年会で再興したが、再び中断した。

 その後、昭和55年に雫石町青年団体連絡協議会により再興され、今年で39回目となる。

39-1.jpg
41人の祈願者


39-2.jpg
堂々と立ち並ぶ祈願者

39-3.jpg
三社座神社での神事


39-8.jpg
「はさみ」「のぼり」「お供え」などをそれぞれが持ちます

39-9.jpg
寒風に耐えながら、願いを込め、一歩ずつ

39-4.jpg
祈願者の懐紙を交換する様子

39-7.jpg
祈願達成の瞬間


39-6.jpg
10年の祈願満願を達成しダルマに目を入れます

39-5.jpg
介添えは5年で満願となります



関連ワード