ドイツ友好都市から雫石町に訪問団が訪れました

2017年11月1日

 11月1日(水)、ドイツ友好都市の『ドイツ連邦共和国バート・ヴィンプフェン市』や近郊都市などから、雫石町国際交流事業に参加したドイツ人12名と、訪問団団長のユリウス・ウェルツ氏、本町国際交流協会の上原千鶴子会長らが町役場を訪れ、一人ひとりが訪問の挨拶をしました。

 ユリウス団長は「これまでの国際交流事業では、17年間にわたり小・中学生などが交流してきましたが、今回は社会人など、初めて大人が参加しました。岩手・雫石を訪問し、自然を体験できる機会だと思います。これからの日程を楽しみにしています」と思いを伝えました。

 また、深谷町長は「雫石町は農業が盛んで、自然、温泉などがたくさんあります。短い期間ですが楽しんでください」と歓迎の挨拶をしました。

 雫石町には10月30日(月)~11月3日(金)の5日間の滞在を予定しており、座禅をはじめ、様々な文化などを体験します。

kouryuu05.jpg kouryuu04.jpg

kouryuu02.jpg kouryuu03.jpg

kouryuu01.jpg