新たに地域おこし協力隊2人を委嘱しました。

2017年7月4日

新たに、雫石町地域おこし協力隊として、神奈川県横浜市出身の外岡卓之(とのおかたかゆき)さん、秋田県秋田市出身の鐙屋清(あぶみやきよし)さんの二人を委嘱しました。

7月3日(月)、町役場で深谷町長が二人に辞令書を交付。深谷町長は「ふたりともに経歴が豊富。雫石町のために尽力してほしい」と激励しました。

外岡さんは「町の持続可能な社会づくりの構想に興味を持った。携わり貢献していきたい」と、鐙屋さんは「雫石町の地域おこし協力隊の活動に具体性を感じ、参加したいと思った」とそれぞれ意気込みを語りました。

二人は企画財政課に配属され、移住促進に係る業務に携わります。

 

外岡さん(左)と鐙屋さん

20170703tiikiokosi.jpg