ドイツ友好都市青少年留学の翼事業に参加したドイツ学生が町役場を訪れました

2017年6月9日

6月8日(木)、『ドイツ友好都市青少年留学の翼』事業(雫石町国際交流協会主催)の参加者であるドイツ学生12人(ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ネッカーズルム市より)とアルバートシュヴァイツァー校校長のバーバラ・ラン氏、またドイツ訪問団団長のユリウスウェルツ氏と本町国際交流協会会長らが町役場を訪れ、一人ひとりが訪問の挨拶をしました。

ユリウス団長は「昨年はドイツに深谷町長をお迎えし、私たちが住むまちを紹介できた。これからも交流を続けていきたい」と思いを伝えました。

また、深谷町長は「ようこそ雫石へ。雫石は四季がはっきりしていてとてもいい町です。たくさん思い出を作って下さい」と歓迎の挨拶をしました。

雫石町には6月3日(土)~6月11日(日)の9日間の滞在を予定しており、様々な文化の体験などをします。

doitu1.jpg doitu3.jpg

doitu2.jpg