雫石小学校の児童が「銀河のしずく」の田植えをしました。

2017年5月18日

5月18日(木)、雫石小学校の5年生50人が、銀河のしずくの田植えをしました。
児童らは、銀河のしずく栽培認証農家の晴山保正さん所有の圃場の一部約250平方メートルほどに、裸足になり水田の感触を楽しみながら手作業で苗を植えました。
田植え終了後、晴山さんが「上手な子もいれば、なかなか前に進めない子もいた。これからきちんと育っていくと思うので、たまに様子を見に来てほしい」と労いました。
児童からは、「はじめは泥の感触が気持ち悪かったけど、だんだん慣れて上手に植えられた。美味しいお米に育ってほしい」などの感想が聞かれました。

20170518ginga01.jpg 20170518ginga02.jpg

20170518ginga03.jpg 20170518ginga04.jpg

20170518ginga05.jpg 20170518ginga06.jpg

 

関連ワード