一般社団法人日本自動車連盟(JAF)と「観光振興に係る連携協定」を締結しました

2017年4月26日

 4月26日(水)、町は、ロードサービスを始め車に関する様々な事業を展開する一般社団法人日本自動車連盟(JAF)と、「観光振興に係る連携協定」を締結しました。
 この協定は、雫石町と日本自動車連盟が相互に連携強化し、それぞれの持つ資源を有効活用することで、観光客誘致や観光振興に資することを目的としています。
 日本自動車連盟の高橋康雄岩手支部局長は「全国に約1900万人、岩手には約19万人の会員がいます。ナビとは違う検索して楽しい情報を提供し、町を訪れるきっかけになればと思います。観光客が増大することを約束します」と意気込みました。

 また、深谷町長は「あらゆる情報を組み込んで観光情報を発信していただけることに、今後大きな期待があります」と述べました。

 

日本自動車連盟においては、連携協定によって下記の取り組みなどが行われます。

①観光情報登録システム(JAFナビ)において、雫石町単独のページを持ち、ドライブコースの設定やイベント・観光情報のPR

②会報誌 JAF Mate(全国1200万部・東北83万部発行)において、誌内の「おくに自慢navi」や「ドライブ情報」などのコーナーで、車で巡りたくなる地元の自慢スポットを魅力的に紹介

③e-JAFshop(ネット販売)による自治体特産物の販売

jafrenkei.jpg

 

関連ワード