平成29年4月26日定例記者懇談会を開催しました

2017年4月26日

平成29年4月26日 記者懇談会

発表事項要旨

1.しずくいし地域づくりフォーラム2017の開催について

 4月29日(土)午後2時30分から中央公民館大会議室を会場に「しずくいし地域づくりフォーラム2017」を開催します。
 町は、雫石・御所・御明神・西山の4地区別に、行政区や地域コミュニティ、NPOなど地域内のさまざまな枠を超えた住民主体の「地域づくり会議」を開催しながら地域でできることを検討し、平成27年度には「地域づくり計画」を策定しました。
 昨年度は、この計画に基づき、4地区で各種の「マップ作り」をはじめとする合計13の実践活動に取り組みました。
 今年度は、2年目の実践活動を展開しながら、住民自治と協働による地域づくりのあり方などの検討も進めていく予定です。
 そこで現在、地域づくり・まちづくりに関するさまざまな課題を解決し、まちを元気にしている事例や成功の秘訣について学び、雫石町ならではの地域づくりを進めるため、「住民主役のまちづくりを考えるフォーラム」と題して、今回のフォーラムを開催いたします。
 フォーラムでは、4地区の地域づくり会議での取り組みの様子を報告します。
 続いて、基調講演として、全国的に先進地への支援を行っている川北秀人(かわきたひでと)さんから「協働と小規模多機能自治について」のお話をいただきます。
 事例紹介では、島根県雲南市(うんなんし)の板持周治(いたもちしゅうじ)さんに、雲南市の地域自主組織を解説していただきます。
 最後に、岩手大学農学部の広田純一教授をコーディネーターとするパネルディスカッションを行います。
 入場は無料ですが、事前の申し込みをお願いいたします。全国的にも著名な方々をお招きする貴重な機会ですので、皆さま多数のご来場をお待ちしております。
 

2.元祖しずくいし軽トラ市の開催について

 今年で13年目を迎える「しずくいし軽トラック市」が、いよいよ5月7日(日)に開幕し、11月までの毎月第1日曜日(7月のみ第2日曜日)に開催されます。
 全国に先駆けて開催した雫石町の軽トラック市は、「軽トラ市の元祖」として定着し、全国からも注目を集めています。 各出店者や商店街でも、様々な趣向でお客様を迎えようと、大いに盛り上がっています。
 今年もオープニングイベントとして、大好評の「オープニングクラッカーとご祝儀入り餅の交換」や子供向けイベントなど、楽しいイベントをたくさん企画しています。
 まちおこしセンターしずく×CAN(しずくかん)では、商店街をお花で彩る「お花プロジェクト」をスタートさせるにあたり、プランターにアサガオの種を植える体験をご来場の皆様と一緒に行います。
 よしゃれ通りには、軽トラ約50台が荷台いっぱいに商品を積んで皆さんをお待ちしております。
 今年も「笑顔と元気」を乗せて走り続ける「元祖 しずくいし軽トラック市」にぜひご来場ください。

 

3.第33回岩手山ろくファミリーマラソンの開催について

 5月21日(日)に、33回目となる岩手山ろくファミリーマラソンが町内特設コースで開催されます。
 4月3日(月)の申し込み締め切り時点では、1,333名のエントリーを頂いており、最遠方は愛媛県から、また最高齢は町内の89歳のランナーがエントリーしています。
 大会は、雫石町総合運動公園陸上競技場を発着地点として、ハーフの部、10kmの部、4kmの部、3kmの部で競技が行われます。
 また、競技終了後ランナーの皆さんには、完走証の発行や参加賞の配布はもちろんのこと、地鶏南部かしわ汁のふるまい等が行われます。
 町内はもとより、県内外から多くのランナーをお迎えして大会を開催できること、雫石町の魅力をPR出来る事を楽しみにしております。


配布資料

・御所湖inしずくいし桜まつり

・放射性物質の測定結果

・町の主要行事予定表

 

発表事項への質疑応答

170426kisyakon.jpg

 

1.しずくいし地域づくりフォーラム2017の開催について

Q:島根県雲南市から地域自主組織の先進事例を紹介していただくとのことだが、地域づくりの会議も2年目になるので、雲南市のような方向に雫石も向かっていくということなのか。
A:はい、そうです。雫石町でも、地域づくり会議の向かう方向として、住民の地域づくり組織設立、あるいは各地区公民館を拠点にしていくことを目指して、今回のフォーラムの先進事例を聞いて、そういった方向を向けていきたいです。

 

2. 元祖しずくいし軽トラ市の開催について

Q:13年目ということで、新たな挑戦などはあるのか。
A:お花プロジェクトといったもので、しずく×CANが母体となっていますが、商店街を朝顔で飾る、8月に満開になった軽トラ市を迎えられるという、女性の発想から生まれた取り組みを展開する予定です。また、全国軽トラ市に参加しながらネットワークを築いています。そういった中から、商工会女性部の皆さんが、しずくきらりという店舗を開設し、全国の特産品を紹介します。5月は高知県からの特産品が計画されています。

 

Q:月ごとで異なるということか。
A:そうです。

 

3.第33回岩手山ろくファミリーマラソンの開催について

Q:最高齢のランナーが町内にいるということだが、どの部門に出場するのか。
A:男子10km55歳以上の部に出場されます。
A:この方は去年も最高齢で出場しています。

 

配布資料についての質問

Q:御所湖inしずくいし桜まつりについて、ライトアップは今年もやるのか。
A:はい、やります。上から照らすものと下から照らすものの2種類がありますが、上からについては、4月27日から5月7日までの予定です。下からについては、満開の期間に合わせて5日間やります。現在は1分咲きほどです。
Q:今年はウソの被害はないのか。
A:ないようです。

 

記者からの当日質問

Q:選挙区割りが変わり、雫石町は2区の方が広くなる形になるが、なにか影響は。
A:立候補される方は、あまりにも広いので大変だと思います。この2区は日本でもかなり大きいようです。体力勝負かと思われます。頑張っていただきたい。

関連ワード