御明神小学校で「いのちの授業」が行われました。

2016年12月28日

 12月19日(月)、御明神小学校で5年生12名と保護者を対象に「いのちの授業」が行われ、「一人ひとりを大切にすること」について学びました。

 未来の風せいわ病院智田文徳理事長が講師を務め、「相手を分かろうとすることが大切」、「みんな違ってみんな良い」などの話が児童たちへ伝えられました。

 この授業は、若年層への自殺予防対策や思春期の心の健康づくりを目的に開催しているもので、御明神小学校では昨年度に引き続き2回目の開催となりました。

 

 DSCF5938(281219).JPG

 

 DSCF5939(281219).JPG

 

 DSCF5940(281219).JPG

 

 DSCF5942(281219).JPG

お問い合わせ

健康推進課
電話:019-692-2227