野良猫への餌やり禁止について

2016年9月15日

○無責任な餌やりはやめましょう!

 町内において、野良猫が住家の敷地でふん尿をするなどの事例が増えています。

 野良猫への餌やりは、猫の増加を招き、地域の畑や庭を荒らすことにもつながります。

 野良猫に餌を与えることは、飼い主扱いとなりますので留意願います。

   なお、役場では野良猫を引き取っておりません。

 

【猫を飼っている方へ】

 猫を飼う際は、次のことを守りましょう。

①屋内で飼ってください

 屋内飼育は、交通事故や病気感染から守り、行方不明の心配もなくなります。また、他人の庭を荒らしたり

といった近所トラブルを防止することにもつながります。

②不妊・去勢手術をしてください

 猫はとても繁殖力があり、春と秋に子どもを産みます。また、一回に3~6匹の子猫を産むので自由に繁殖

させると飼育が困難になります。

③首輪やマイクロチップを付けてください

 野良猫と区別し、迷い猫をなくすために必ず身元を表示しましょう。

関連ワード

お問い合わせ

環境対策課
電話:019-692-6403