特定外来生物「オオハンゴンソウ」駆除活動を実施しました

2016年8月25日

 

環境省が主催し、国や県、雫石町山岳協会等関係者のほか、一般参加者など45人が、特定外来生物「オオハンゴンソウ」の駆除活動を819日(金)に十和田八幡平国立公園内の滝ノ上地区で行ないました。オオハンゴンソウは、生態系に影響を及ぼす可能性があることから、国立公園内の根絶を目指し、平成25年から毎年行なっており、昨年は約3千本、今年度は約2,220本を抜き取りました。

 

特定外来生物の「オオハンゴンソウ」は、栽培・運搬・販売などが禁止されています。ご自宅の庭などで見かけた際は、駆除をお願いします。

 

CIMG1127.JPG

お問い合わせ

観光商工課
電話:019-692-6407