雫石町空き店舗活用事業について【平成30年度追加募集】

2018年11月19日

新たに商売にチャレンジする方を応援します!~空き店舗活用事業費補助金の交付について【追加募集】~

 

町では、商店街の活性化を促進し、商業の振興と魅力あるまちづくりを推進するため、町内の空き店舗を活用して新たに「小売業」「飲食業」「サービス業」を営もうとする方や空き店舗の所有者へ店舗の改修費用や家賃を助成する事業を実施します。こんなビジネスをしてみたい、こんなお店を持つのが夢だった、という方のチャレンジを応援します。

 

 

1 対象となる店舗

過去に商業用として営業され、建物の1階に店舗部分があり、おおむね1ヶ月以上使用されていない町内の物件。

※1階に店舗部分を有していないもの及び大規模小売店舗立地法(平成10年法律第91)第2条第2項の大規模小売店舗内のものを除く。

 

2 対象となる業種

①小売業

②飲食業

③サービス業(一部の業種を除く)

 

3 対象者

中小企業者(個人、法人)、特定非営利法人、社会福祉法人および空き店舗の所有者で町税の滞納のない者

 

4 補助内容・対象経費

(1)改装費:空き店舗の外装・内装・設備の工事等、改装に係る費用。

 

 ◆補助内容:対象経費の1/2以内(上限100万円)

 

 ◆補助期間:当該年度内(改装工事が完了し、事業開始する見込みがあること。初年度に限る)

 

(2)家賃:対象となる事業を営むための貸室に係る月額家賃(共益費・敷金・礼金等を除く)

 

 ◆補助内容:対象経費の1/2以内(上限月額3万円)

 

 ◆補助期間:最長1年間

 

5 提出書類

・申請書(様式第1号)様式1(交付申請書).docx(20KB)

・事業計画書

・交付申請額の算出根拠となる書類

・2社以上の改装費の見積書の写し

・賃貸借契約書の写し

 

6 申し込み・お問合せ

  観光商工課商工労政担当(℡692-6407

※応募のあったものから審査決定し、予算が無くなり次第終了となります。