雫石町国民健康保険データヘルス計画(案)策定に係るパブリックコメントの実施結果について

2016年3月31日

 雫石町国民健康保険データヘルス計画(案)のパブリックコメントの実施結果について、次のとおりお知らせいたします。ご意見等をお寄せいただき、大変ありがとうございました。

 

1 実施状況

(1)募集期間
平成28年2月25日~平成28年3月25日

(2)関係資料の公表
町ホームページ掲載、役場総合案内窓口、中央公民館、各地区公民館

(3)ご意見の提出方法
郵便、FAX、電子メールでの提出

(4)お寄せいただいたご意見
1名の方から2項目のご意見等をいただきました。意見の反映状況は 次のとおりです。

 

2 寄せられたご意見の反映状況

反映区分

A:計画に反映する
B:意見を反映して案の修正等を行う
C:実施計画、実施段階で反映(検討)
D:その他(参考意見)

 

意見等の内容反映区分対応方針

 

第3章分析に基づく健康課題の把握

(7)質問票からみる生活習慣

 

食事の時間や速さは訊ねていますが、食事の内容についても調査したほうがよいのではないでしょうか。

データの基礎とした「国保データベースシステム」中に食事内容についての質問項目がないためこの表に反映することはできませんが、当町の健康増進計画である「さわやか健康しずくいし21・食育推進計画」では食事に関するアンケートを行っていることから引き続き同計画と整合性を図りながら健康課題の把握に努めます。

 

 

第8章事業運営上の留意事項

2 町内関係団体との連携・協力

 

医療費に占める統合失調症やうつ病の治療薬に対する割合が高いと思われることから、雫石町医科歯科会、雫石町薬剤師会との連携に「ベンゾジアゼピン系薬物(BZ系薬物)の依存症や離脱症状に関する医療関係者の認識と同薬物の処方実態の改善」を追加することを提案します。

 

 D

 

 

ご意見のとおり当町の総医療費に占める疾患のうち、統合失調症やうつ病が上位を占めています。しかしながら、本計画は、主に特定健診の結果等から生活習慣病の重症化予防、早期発見、医療費適正化を図ることを目的としているため、ご提案の個別の事項を本計画に盛り込むことは適切ではないと判断しております。

なお、ご提案の内容につきましては町内医療関係者による保健事業の会議等で情報提供を行う予定です。