「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン」に係るパブリックコメントの実施結果とビジョンの決定について

2016年3月28日

 盛岡広域圏を構成する盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町及び矢巾町は、平成20年度に「盛岡広域首長懇談会」を設置し、圏域の一体的な発展に向け、企業誘致や消費者相談などの分野で連携を深めてきました。

 平成26年度に、広域連携の新たな枠組みである「連携中枢都市圏構想」が国から示されたことを受け、盛岡広域8市町で連携中枢都市圏を形成することとしました。

 これまでに、各市町において議会の議決を経て連携する分野等を定めた「連携協約」を締結し、盛岡広域圏が目指す将来像や連携事業の内容などについて、検討を重ねてきたところです。

 平成28年2月には、盛岡広域圏が今後、連携して取り組む内容を「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン(案)」としてまとめ、各市町においてパブリックコメントを実施しましたので、その結果をお知らせするとともに、平成28年3月25日に「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン」が決定となりましたので、併せてお知らせします。
 

(1)パブリックコメント募集期間

平成28年2月18日(木)~平成28年3月9日(水)【※募集終了】

 

(2)パブリックコメント募集対象者

1.町内に在住・通勤・通学している方
2.町内に事務所又は事業所を有する法人、またはその他の団体
3.町税の納税義務者
4.上記に掲げる方のほか、本計画に関する事案に利害関係を有する方

 

(3)設置場所

 雫石町役場(総合案内)、中央公民館、雫石公民館、御所公民館(御所地区健康増進センター)、西山公民館(西山地区構造改善センター)、御明神公民館(地域振興センター)、町ホームページ

 

(4)ご意見の提出方法

 窓口への直接持参、郵送、FAX、電子メールでの提出
 

(5)ご意見の取扱い

 雫石町へ提出されたご意見の趣旨と盛岡広域圏や町の考え方は次のとおりです。

No. ご意見の趣旨 盛岡広域圏や町の考え方
1 このビジョンでは、「圏域が有する豊富な地域資源をつなぐ」というだけで、各自治体の医療・福祉施設などの増設する計画は見当たらず、実際には住民サービスが遠のくのではと危惧する。 本ビジョンは、公共サービスの提供のために各自治体が取り組んでいる様々な事業の中で、各自治体が連携して取り組むことにより成果がより高まる、コストが削減されるなど、何らかのメリットが見込まれる取組を位置付けるものとしております。
御指摘いただいた医療・福祉施設の増設など、これまで各市町がそれぞれに実施してきた取組は、今後も継続して実施されるものです。
なお、都市圏ビジョンの内容については、毎年度見直ししてまいりますので、今後、広域8市町の担当部署間の協議により、医療・福祉施設の増設を広域8市町の連携により実施することで何らかのメリットが見込まれると判断した場合には、当該事業を都市圏ビジョンに追加して位置付けることもありうるものと考えております。
2 保育園など、各自治体で不足しているのに、お互いに連携し合っても定数が増えるわけではなく、まして、小学校就学などを考えた時に、自宅近くに預けたいというのが親の心情だと思う。 保育所については、これまでも各市町において運営を行っているところであり、今後もこれまでどおり運営が継続されます。
本ビジョンの事業No.27「保育所の広域入所」については、自宅と職場が離れている等の事情で他市町の保育園への預け入れを希望される世帯に対応するための事業で、これまでも広域8市町の間で実施されているものです。事業の性質が広域8市町の連携によるものでしたので、今回、本ビジョンの策定を機に、本ビジョンにも位置付けることとしたものです。
3 災害対策も、各自治体でのきめ細かい観測体制や人の配置、いざという時に被災者を受け入れる施設、代替の機能があって初めて連携が可能となるのであって、連携すれば「広域災害の発生を想定し、減災・防災体制を強化」出来ると考えるのは幻想と言わざるを得ない。ごみ処理を盛岡1箇所にした場合、そこで災害が起きれば、逆に全ての自治体でお手上げ。むしろ脆弱になるのではないか。 災害対策については御指摘のとおりであり、各市町における災害対策の取組はこれまでどおり継続されます。
本ビジョンの事業No.37「自然災害等対策推進事業」については、各市町における災害対策に加え、各市町単独での対応が困難な広域災害の発生などを想定し、連携による災害対応の体制整備等を行うものです。
4 町として、身近なサービスを充実させ、自立した方向をめざすべきだと思う。 本ビジョンは,盛岡広域8市町が連携して実施する事業を位置付けるものであり,事業の直接の対象地域が盛岡広域圏となることから,雫石町のみを対象とする事業は取組の対象とはなりませんので,御了承願います。
なお,いただいた御意見を踏まえ,町が実施する事業の中で検討してまいります。

 

(6)連携中枢都市圏ビジョンの決定について

 「みちのく盛岡連携中枢都市圏ビジョン」については、平成28年3月25日に決定しました。

 ビジョンの確定版は盛岡市ホームページに掲載されていますので、お知らせします。

 

 (盛岡市ホームページ 連携中枢都市圏ビジョン)http://www.city.morioka.iwate.jp/machizukuri/30579/034143.html

お問い合わせ

企画財政課
企画グループ
電話:019-692-6499