東北紙器(株)との災害時における物資の供給に関する協定締結式が行われました

2016年3月24日

 3月24日(木)雫石町役場で、段ボール製品などの製造を手掛けている東北紙器株式会社(雫石町西安庭、赤澤儀一代表取締役社長)との「災害時における物資の供給に関する協定締結式」が行われました。

 この協定の内容は、災害時の避難所において生活する際などに、部屋の間仕切りをする段ボール製のパーテーションや簡易ベッドなどを町の要請により供給していただくものです。

 深谷町長は「災害時においては物資供給が一番。町民の安心・安全に力強い」と、赤澤社長は「災害がないことに越したことはないが、地域に貢献できることは光栄だ」と、それぞれ今回の協定締結への思いを述べました。

 

20160324saigaikyoutei.jpg