ファシリテーショングラフィック講座が開催されました(ふるさと文化振興基金活用事業)

2016年3月7日

 3月5日(土)、雫石公民館において「ファシリテーショングラフィック講座」(さぽる手SHIZUKUISHI(代表:工藤昭敏さん)主催)が開催されました。

 ファシリテーショングラフィック」とは、会話の要旨や出された意見の内容をわかりやすく板書する技術のことです。

 講座には町内外から25人の参加があり、講師の㈱カントリー・ラボ 佐野 智香さんによる講話の後、それぞれ実践のワークに取り組みました。

 まず、マジックペンの持ち方、色の使い方、文字やアイコン(絵)の書き方など、ファシリテーショングラフィックの基礎を学び、続いて、5つのグループに分かれて「雫石のまちづくりについて」というテーマで話し合いを行いました。

 話し合いは進行役(ファシリテーター)、記録役(レコーダー)というように役割分担を決めてすすめ、話し合いの後はそれぞれの役割の良かったところも出し合いました。

  

ファシグラ講座.JPG ファシグラ講座.JPG

ファシグラ.JPG ファシグラ講座.JPG

ファシグラ.JPG ファシグラ.JPG

ファシグラ.JPG ファシグラ.JPG