雫石町防犯交通安全推進大会が行われました

2016年2月22日

 平成27年度雫石町防犯交通安全推進大会が2月22日(月)、雫石町中央公民館野菊ホールで開かれ、防犯交通安全関係者や地域コミュニティ組織の代表など約400人が参加し、犯罪や交通事故のない明るいまちづくりに向けて決意を新たにしました。
 大会では、防犯交通安全に寄与した3人に深谷町長から表彰状を授与。加えて1人に雫石町防犯交通安全協会連合会長感謝状が贈呈され、防犯交通安全作文・標語コンクールの各入選者の表彰が行われました。
 表彰の後には、盛岡西警察署生活安全課長の岩間茂さんによる「盛岡西警察署管内の治安状況等について」と題した講演が行われました。講演の中で岩間さんは、岩手県が最も無施錠による窃盗被害が多いことから、鍵かけの徹底を心掛けるよう訴えました。また、被害が減らない振り込め詐欺や還付金詐欺についてもだまされないよう注意喚起しました。
 アトラクションとして、この春から新小学1年生となる町内の幼稚園児・保育園児が「防犯交通安全の歌とお約束」を元気いっぱいに披露。子どもたちは「道路に飛び出しません」「知らない人に付いて行きません」などと交通安全と防犯の約束をしました。
 最後に、御明神地区防犯交通安全協会理事の新田キヌ子さんが大会宣言を読み上げ、交通事故と犯罪のない明るく住みよいまちづくりを目指して、みんなで力を合わせ一層努力することを誓いました。

 

 


20160222bouhannkoutuuannznn1DSC_0183.jpg

20160222bouhannkoutuuannznn2DSC_0193.jpg


20160222bouhannkoutuuannznn3DSC_0230.jpg

20160222bouhannkoutuuannznn4DSC_0264.jpg