雫石町指定文化財 記念物(植物) 多賀神社の姥木

2016年2月23日

 多賀神社の姥木(たがじんじゃのうばき)

多賀神社の姥木.jpg

 

【所在地】
  雫石町御明神

【所有者・管理者名】
  

【指定年月日】
  平成6年7月1日

【目通周囲】
  770cm(平成6年頃調査時)

【高さ】
  約40m(平成6年頃調査時)

【推定樹齢】
  1,540年(平成6年頃調査時)

 


【概要】

 県内でも屈指の巨木であり、岩手・紫波郡内では志波稲荷の大杉と並ぶもので、郡内一の神木と言われている。
 多賀神社の創建は承元元年(1207)と言われ、古文書によると、この時大杉の下に杜をつくったとあるので、木の豊富な時代にあって目立つ程その時すでに大木であったことが想像される。