平成27年度雫石町教育振興運動実践交流会が開催されました

2015年12月10日

 12月5日(土)、雫石町中央公民館野菊ホールにて、平成27年度雫石町教育振興運動実践交流会が開催されました。 

 この交流会は、雫石町の子どもが健やかに成長していくよう、地域ぐるみで教育振興運動を進めるために、学校、家庭、地域住民が一緒に子どもの教育環境整備を考える場として毎年開催されているものです。

 

 この日は、家読標語コンクール入賞者の表彰、西根小学校実践区・橋場小学校実践区による実践報告、東海大学スポーツ医科学研究所 教授 小澤 治夫 氏による「学力・体力・気力の向上は 生活習慣の確立から」と題した講演が行われました。

 

 実践報告では、西根小学校実践区が、目的意識をもって挨拶が行えるよう工夫された挨拶運動、すきま時間を使った読書やより良い読書環境づくりなどの読書推進活動、被災地訪問による復興教育への取り組みについて報告を行いました。橋場小学校実践区では、「いきる・かかわる・そなえる」をキーワードに、児童の保育所での読み聞かせ活動、伝統芸能であるこまくささんさ伝承への取り組みや地域とのかかわり、橋場地区防災マップ作りなどについて報告を行いました。

 講演会では、現代社会で問題となっている子どもたちの学力や体力の低下をテーマに、規則正しい生活習慣を身につけることによって学力・気力・体力の向上につながるということを、さまざまなデータや自身の取り組み、実例を基に講演されました。

 

 

家読コンクール表彰
家読標語コンクール入賞者の表彰

 

橋場小学校実践区

橋場小学校の実践報告の様子

西根小学校実践区
西根小学校の実践報告の様子

 

講演会

小澤治夫氏による講演会