御明神地区 第3回地域づくり会議を開催しました!

2015年10月6日

 9月25日(金)、御明神公民館を会場に、第3回御明神地区地域づくり会議を開催しました。

 

 第3回目の会議では第1回の地域点検、第2回の夢語りで出された御明神地区の「夢」の実現に向けて、地区として取り組める実践活動を検討しました。

 

 これまでの話し合いの中で御明神地区は、自然が豊かであり、歴史や農業を中心とした暮らしがあるという事がわかり、御明神地区で毎年開催されている夏祭りのような、地域みんなが集える場、地域内の普段の繋がりを強くしたい、という夢がまとまってきました。

 今回は夢を実現するにするためにどんなことができるか、テーマ別に【重要度】と【実現可能性】により評価し、「夢の実現にとって非常に重要で、かつ、ちょっと頑張れば実現できる」活動について誰が実行するかまで話し合いました。

 参加者の皆さんは、たくさんの活動の評価に頭を悩ませながらも、具体的な夢の実現について、御明神地区らしい実践活動をまとめ、想いを発表しあいました。

 

★御明神地区の話し合いテーマ【今回つけたキャッチフレーズ※話し合いの進度によりキャッチフレーズが決まらなかったテーマもあります。】

①地域内交流・絆・・・地域行事の復活などにより、人と人とのつながりをとりもどす 【私たちから つながろう】

②自然・景観保全・・・素晴らしい自然を身近に感じ、楽しめる地域になる 【山も川もスポット満載 ザックザク】

③交流・イベント・人口増・・・地域の資源やお宝を生かし、いろんな人が集まる地域にする

④暮らし・健康・・・子どもからお年寄りまで、 【ジジババ学校 トマト幼稚園】

⑤産業・農業・・・かっこいい農業や素晴らしい自然資源を生かして産業をつくる

⑥歴史保存・活用・・・街道や関所、伝統文化を掘り起こし、伝えていく 

 

IMG_0901.JPG DSC_0025.JPG

DSC_0030.JPG DSC_0028.JPG

DSC_0057.JPG DSC_0075.JPG

 

★「地域づくり会議」とは、住民の皆さんの想いや知識、経験を地域の「宝」として教えていただき、地域の将来像について本音で話し合う会議で、雫石・御所・御明神・西山の4地区ごとに開催します。会議には、NPO法人いわて地域づくり支援センターのスタッフや岩手大学の学生が参加し、サポートします。「地域づくり会議」は、ワークショップによる検討を重ね、4地区ごとの地域づくり計画を作成し、2月に計画案の発表を予定しています。


  

 

  

 

 

お問い合わせ

企画財政課
電話:019-692-6499