平成27年国勢調査について

2015年9月2日

平成27年国勢調査について

今年は5年に一度の国勢調査の年です。10月1日を基準日として、国勢調査が実施されます。国勢調査の結果はまちづくりなどの基礎資料となります。
町では、円滑かつ効果的に調査を行うため、6月22日に平成27年国勢調査雫石町実施本部を設置しました。
平成27年国勢調査の概要は、次のとおりです。

【調査の目的】
 国勢調査は、統計法(平成19年法律第53号)に定める基幹統計調査として、同法第5条第2項の規定に基づいて実施する人及び世帯に関する全数調査で、国及び地方公共団体における各種行政施策その他の基礎資料を得ることを目的としています。
 国の最も基本的で重要な統計調査として、我が国に居住するすべての人を対象にしており、大正9年(1920年)から5年ごとに実施され、平成27年調査(2015年)は20回目に当たります。

 

【調査の期日】本部設置.JPG
 調査は、平成27年10月1日 午前零時現在で行います。

 

【調査の対象】
 日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

 

【調査事項】

 ○世帯員に関する事項(13項目)
  氏名、男女の別、出生の年月、世帯主との続柄、配偶の関係、国籍、現在の住居における居住期間、5年前の住居の所在地、就業状態、所属の事業所の名称及び事業の内容、仕事の種類、従業上の地位、従業地または通学地

 ○世帯に関する事項(4項目)
  世帯の種類、世帯員の数、住居の種類、住宅の建て方

 

【調査の方法】
 調査に回答する世帯では、次の3つの方法により回答できます。
 (1)オンラインによる回答(パソコン、スマートフォンによる回答)
 (2)調査員への提出による回答
 (3)郵送提出による回答
  ※①オンライン回答に必要なID・パスワードは9月10日〜9月15日の期間に国勢調査員が訪問してお届けします。
  ※②オンライン回答の期間は、9月10日~9月20日です。その後、オンライン回答のなかった世帯に調査票(紙)を配布します。
  ※③調査員は訪問の際には調査員証を携帯しています。

前回(平成22年)調査との主な変更点

 オンライン回答の推進
  情報通信技術(ICT)の更なる進展の状況を踏まえ、国民の負担軽減・利便性の向上を図る観点から、全世帯を対象にオンライン調査を実施します。

 調査票の任意封入方式
  調査員に調査票を提出する際、封入するかしないかは、世帯の任意で行います。

 調査事項の追加・削除
  (1)追加
  東日本大震災による人口移動の状況を把握するため、「現在の住居における居住期間」「5年前の住居の所在地」の2項目を追加します。
  (2)削除
  住宅・土地統計調査の結果が活用できることから、「住宅の床面積」の項目を削除します。

 

調査結果の公表

 「人口速報集計」を平成28年2月、その後、年齢別人口、世帯の状況などの詳しい調査結果を平成28年10月末までに公表する予定です。

 

リンク

>>国勢調査2015キャンペーンサイト(総務省統計局)    

 

 

関連ワード

お問い合わせ

企画財政課
電話:019-692-6571